企業看護師とは

企業看護師について

最近企業看護師を希望するナースが増えています。
企業看護師とは、どういう職業でしょうか!?

 

企業看護師は、産業看護師とも呼ばれることもありますが、
企業内の保健室や医務室に勤める、いわゆる医療機関以外の看護師の仕事といえます。

 

また、保育園や幼稚園また、学校などの保健室に勤める看護師も企業看護師の仕事になります。

 

企業看護師

一般の病院やクリニックでは、残業や夜勤などが多いようですが、企業看護師の場合残業や夜勤が無いのが特徴で、

 

土日が休みの場合も多く、家庭を持つ看護師さんに人気のようです。

 

企業看護師の求人

今、企業看護師は人気が高いので、企業看護師の求人は倍率が高いようです。
企業に看護師として就職するには看護師求人サイトに複数登録するなどして常に情報にアンテナを張っていたほうが良いようです。

 

募集人員自体が少ないですから、早い者勝ちの傾向があるようです。

 

企業看護師の種類

一般の企業の保健室や医務室の他に、幼稚園や保育園も人気のようです。
また、小中学校・高校や大学の保健室も人気で、公立の学校の場合、公務員かそれに順ずる立場になることもあり年金など有利になることもあるようです

 

治験コーディネーター

その他にも、治験などの医療の現場での仕事もあり、看護師としてスキルアップを図りたい方にはおススメの仕事といえます。
新薬の開発に携わる仕事として、治験コーディネーター(CRC) / 臨床開発モニター(CRA) などがあります。

 

製薬会社や医療機関、また治験を受ける患者さんの間に立って、試験がスムーズに問題なく進むようにモニタリングしたり、各所の調整役となるお仕事です。かなりの専門知識が問われる職種といえます。

 

老人ホーム

老人ホーム をはじめとした高齢者向けの住宅でのお仕事もあります。
訪問看護師という選択もありますが、この場合常駐型の看護の仕事になります。
相手がご老人ですから吸引や胃ろう、褥瘡ケアなどの簡単な医療処置を要求されることも多いようです、自立されている方向けの施設では体調管理や疾病予防の指導も必要なようです。

 

万が一に備えての安心を提供するのが老人ホームでの看護師の仕事になります。